運転免許を取ろう!TOP > 種類 > 普通免許と失効

普通免許と失効について

 
運転免許のすべてにある事なのですが、定期的に免許の更新が必要ですがその更新を受けずに放っておくと運転免許が「失効」扱いになってしまうことがあります。失効とはつまり、運転免許がその地点で効果を失ってしまうことをいいます。

ですので、失効されたのにも関わらず自動車を運転してしまうと無免許運転と同じ様な圧かになってしまいますので注意が必要になります。運転免許をみれば分かるのですが、日付が大きく書かれています。その日付の1ヶ月前後の期間で試験場に更新にいく事が免許を維持する為に必要不可欠な手続きになります。

ゴールド免許になると更新する場が試験場だけではなくなるので、便利になるのですが、そうでない場合はしっかり試験場にいくことが必要です。運転免許証が失効になってしまうと、そのときから一般的には更新する事が出来なくなります。その為、失効になってしまった場合は、あらためて運転免許の試験を受けることが必要になります。

ですが、失効してしまって1週間未満ですと、再試験の一部が免除になるという事もあるので、うっかり失効になってしまった場合は慌てずにすぐに試験を受ける手続きをする事をお勧めします。運転免許の失効は極力さけるようにしたいですね。


 

種類記事一覧

普通免許とゴールド免許

どれだけ注意を払って運転をしたとしても、どうしても運転するのは人間ですので事故は起こってしまう事はあります。ですが、本当に安全運転を心がけている人は事故に遭遇することは少ないでしょ...

原付免許の取得

生活に使う乗り物で特に便利で一般的に多くの人に使われているものは「普通車」でしょう。普通車はほとんどの人が免許を意欲的にとり、生活に便利に利用している事が多いですが、車より手軽なの...

大型免許の取得

普通免許も取得していたら生活や仕事に非常に便利なのですが、他にも持っていると仕事に便利になってくる免許は「大型免許」でしょう。大型免許を取得すると、普通免許では運転する事が許されて...

普通免許と失効

運転免許のすべてにある事なのですが、定期的に免許の更新が必要ですがその更新を受けずに放っておくと運転免許が「失効」扱いになってしまうことがあります。失効とはつまり、運転免許がその地...